2017年9月25日月曜日

8/17 アウトレットへ行こう バックを探してます


今日は三井アウトレットパークへと行こう。

何故にそこなのか。

そして里芋育ちすぎ。


今使っているLLビーンのウエストバックみたいなバックパックみたいなのがある。

これがくたびれてきた。

これの代替品を探している。

これ背中が開いているから蒸れなくていい。


容量がでかいから使い勝手が良い。

だからバックパックよりこっちを使ってしまう。
酷使するからくたびれる。


こんな場所がひまわり畑になっている。


面白いから色々試してみよう。


ひまわり畑って色々な観光地にあるけど埼玉の畑に出現するとか以外以外の何物でもない。

農家の人の気まぐれなのかな。

2017年9月24日日曜日

高崎と美術館


高崎で送迎会があって出席した。

どうも帰りに寝てしまう。


寝るととんでもない事になるので寝ないように。


寝ないように。




何とか寝ないで磯部で降りることが出来たぜ。


雨が降ってるし。

天気悪いなあ。





そして美術館。

送迎会とは全く関係が無いのだが(雨が降っているのは共通してるが)招待券をもらったので行ってみた。

川越にあるヤオコー美術館である。

三栖右嗣の作品が展示されている美術館である。

入館料は300円と破格の価格だが作品は一級品だ。

写真とかじゃなく現物を見なければ伝わらない感動をもらった。




2017年9月23日土曜日

7/29 夏休みなので海沿いへ 終わり


街中を走る。

幹線道路は走りやすいけど車が走る道路ってうるさいからあまり走りたくはない。


ふー疲れた、ここで暫し休憩だ。

朝早かったしそこそこ暑いし頭が痛くなる。


これは熱中症なのかもしれない。


ベンチで横になって休んで回復する。

また走ろう。


美川駅を越えて。


道の駅徳光が見えてきた。

早く温泉に入りたい。
早く飯が食べたい。
早くビールが飲みたい。


てな事で温泉に入って戻り道、ここが営業中でんがな。

温泉でももちろんビールだったけど、やっぱりこういう所で飲むのは別だよね。


生大とブタ串ですな。

流石生大途轍も無いサイズだよ。

明日もあるし今日はこの辺でやめとこ。

今日は車中泊だ。

2017年9月22日金曜日

7/29 夏休みなので海沿いへ 迷走


何とかここまで来たし。

だけどこれ無理、ここまで自転車担いできて疲れたよ。

引き返した方が良かったと後悔している。


土手に上がって脱出できる場所を探す。

前方に抜けれそうな場所を見つけたのでもう少し頑張る。

押して行けないなら担げばいいじゃない。


やっと脱出したら今度は砂利道だ。

パンクしたくないのでここは押して歩く。


やっと車道に戻って来た。

路側帯も広くて走りやすい道だよ。

だけど向かい風。


また血迷って海へと向かう。


そして行き止まり。

ただ今迷走中。

2017年9月21日木曜日

7/29 夏休みなので海沿いへ 色々と地域に詳しくなる


亜炭とか初めて聞いたよ。

こんな場所でとれたんだね。


この先に坑道跡があるみたいだ。

亜炭は石炭なんだけど品質が落ちる物って事みたい。


海沿いって向かい風がきついよね。

弱くなる気が無いみたいだし。

そして道が終わったので一般道に戻る。


また海沿いへと向かう。


なんか行けそうかな。


なんか砂っぽいのですけど。

正直自転車で走れないわ。


2017年9月20日水曜日

7/29 夏休みなので海沿いへ 尼御前岬


時間的にもそろそろ戻りたい時間だったので戻りますよ。

これは「あたかのせき」と読む。
まああれだ領主富樫さんが作った関所だね。


こんな所に尼さんがいるけど誰なのかな。


尼御前だそうで。

岬の名前になってるんだね。


岬へと行ってみよう。


あまり先へは行けないようになっている。

地盤が弱いみたいで崩落の危険性があるみたいだ。

尼御前の像が建っていた場所も陥没している場所に柵がしてあった。


向かい風が強いのでこういう場所はありがたいね。

2017年9月19日火曜日

7/29 夏休みなので海沿いへ 港をプラプラ


海に沈められた箱には何か入っているのだろうか。


防波堤まで行ってみよう。


まあこんなもんだよね。

とういう感じの風景。


これは何と言う船なのかな。


隣の海水浴場へ。

人が多い。


これで自転車道?

と言いたい自転車道。

道がぶつ切りで標識も分かりづらい。

自転車で走っている人あまり見ないな。

2017年9月18日月曜日

7/29 夏休みなので海沿いへ 僥倖ではなくて漁港


鮮魚センターには船が乗っていた。



この気温ならそれほど暑さが堪えない。


小松空港が近いので飛行機が近い。


海沿いにまた行こう。


漁港に到着する。

2017年9月17日日曜日

7/29 夏休みなので海沿いへ 憧れのドームハウス


玉子巻ってだし巻き卵みたいなものかな。

こっちではこう呼ぶのかな。


日本海側って津波とか来ないのかな。


土地が古いよね。


海側ばかりじゃ何なので陸側も一枚。


とても気になるドームハウスは発泡スチロール製。

ちょっと見て見たくて中に入ってみるが、仕事している人たちを見て「あ、捕まったら長いな」と感じて退散する。


なので外観だけ。

耐震性、耐積雪性、耐風雨性、断熱性に優れたドームハウスだそうで。

住んでみたいと思うのは私だけだろうか。

ちなみにお値段は200万プラスアルファだそうで。